vs 西武 接戦

今回も直接観戦して敗北。
これで、直接観戦5連敗。(さすがに、へこみます)

西武 3 - 2 ホークス

杉内も西口も、良くはないけど、まあまあだったかな。
打線も、西武もホークスも、どっこいどっこい。

とにかく、競った試合でした。
負けたことは仕方がないので、次回に切り替えましょう。

今回は、セカンド本多の守備を集中的にみてました。
まだ、連係プレーが慣れないって印象が強いので、気になってました。

4回裏1死、1塁(カブレラ),2塁(中村)の場面。
打席には好打者の和田。
20060821224843.jpg

綺麗にはじき返し、川崎を超えてセンター前ヒット。
20060821224851.jpg

大村が捕球し、本多が返球の合図を大村にします。
20060821224859.jpg

本多は中継し、3塁ベースを狙うカブレラ(西武)を刺そうとします。
20060821224907.jpg

なぜなら、2塁からダッシュした中村は、この時点でほぼホームイン確実。
ホームへ返球する意味がありません。
20060821224915.jpg

しかし、自分が球場で見る限り、3塁で捕殺はタイミング的に難しかった。
3塁への送球は本多の送球ミスだと思っていた。

なぜなら、本多の中継位置は大村と山崎の中間ではなく、大村と2塁を結ぶ位置。
つまり、本多の当初意図したのは、あくまで、和田を2塁に進めないこと。

しかし、実際には3塁へ送球している。
それは、本多の状況判断の甘さから来るものだと、思っていました。

でも、よーく上の画像を見ると、山崎、杉内は3塁へ送球する指示を出してます。
つまり、本多は山崎の指示に従っただけなので、球場での自分の考えは間違っていた。

しかし、問題はこれから。

3塁に送球された後、和田はいったん止めた足を再発進させ、2塁を狙う。
川崎が気づき、慌ててサードカブレラ(ホークス)に合図を送るが、遅すぎる。
20060821224933.jpg

結局、川崎は暴投等のリスクを考え、サードカブレラ(ホークス)からの返球を止めさせる。
この時、本多は呆然と突っ立っているだけ。
20060821224941.jpg

このあたりに、2遊間の連係の悪さを感じます。
以前、”せな”さんはこの点を指摘されていましたので、なるほどなぁって思いました。
今後の課題ですね。(課題があることは良いことです)


追伸 : ライナ様、今日もライナ様の笑顔は素敵でした。
      是非ホークスへ移籍して下さい。(隠れライナファンより)
20060821224952.jpg

スポンサーサイト

vs 西武 崩壊

 せっかく観戦に行ったのに完敗。
西武 8 - 1 ホークス

好投の涌井に7回までノーヒット。
一方、寺原は、カブレラの2ランなどで3失点で降板。

続く竹岡、篠原がピンチを作ってしまい、1死2,3塁。
そして、吉武登場。
20060819222419.jpg

気合いが入っていることは、外野にいながらも想像してしてたんですが、
こういう場面の吉武は、見る者の不安をとても駆り立てます。

ストレートの四球で佐藤友亮を歩かせてしまい、1死満塁。
不安はますます高まります、なぜなら打者はカブレラ。
しかし、なんと三振!

今日、2ランHRを放っているだけに大振りだったんでしょうか。
ずいぶんあっさり三振してしまった感じでした。

内容はどうであれ、これで2死。
後1人で何とか凌げると、外野で祈っていました。

続く和田では、三振は期待できそうにありません。
なんとか、打ち取って欲しい。

そして、フルカウント後の投球!
20060819222431.jpg

外野からもわかる、ボール。orz
20060819222442.jpg

期待をもってしまっただけに、とても落ち込みました。
4対1。これで今日の試合は決まったと思いました。
落ち込みながら、リーファーの打席を見ていると・・・
20060819222450.jpg

特大HR。
屋根の間を突き抜ける大飛球でした。
推定飛距離155mと、電光掲示板に出てました。
20060819222459.jpg

まあ、負けちゃったものはしょうがない。
ただ、明日に繋がるようなヒッティングやプレーが見られなかったのが心残りでした。

今日の西武の勝利は、球団創設2,000勝目だとのアナウンス。
記念すべき勝利を見事な投球で成し遂げた涌井投手、おめでとうございます。
20060819222508.jpg

素晴らしい笑顔です。
( ライナのことですけど・・・ )

vs 西武 射程

大事な初戦を勝利。

西武 5 - 10 ホークス

やっぱりカブレラはいい仕事します。
6対5出迎えた7回表。

1死満塁の場面で打者カブレラ。
打撃成績は突出はしていない。
(打率.273、出塁率.336、長打率.404 *試合開始前)
20060818214247.jpg

フォームの特徴は、大きなフライングエルボー。
フォーム的には低目は苦手だが、選球眼の良さで苦手コースは振らずに逃げている。
20060818214255.jpg

カブレラは長距離打者ではないので、HRが出るコースは限られている。
そのコースは、バットがトップから素直に落ちてくる場所。
大沼の初球スライダーは、そのコースに吸い込まれていった。
20060818214304.jpg

アーチを描いて、ライトスタンドへ落ちていき満塁HR!
20060818214312.jpg

ヒーローインタビューで自分で言っていたが、HRは狙っていなかった。
外野フライで犠飛でも十分と思っていたらしい。

そこが、とてもカブレラらしい。
カブレラはよく野球を知っている選手だという印象だ。
派手さはないし、時々、適当にプレーしてるんじゃないの?って思うことさえある。

でも、それはそれで自然体で良いと思う。
自分の実力を良く知っているし、自分の立場もよく把握してるし、周囲もよく見えている。
無理をして失敗するよりは、出来ないことはしないという姿勢。
そんな堅実なスイングが今日の満塁HRを生んだと思う。

伸びしろ部分が発見出来ないのが残念な点ですが・・・

さぁて、明日は西武球場に行って応援するぞー!











 

vs 楽天 流れ

ホークス 6-6 楽天。
ながーい試合でしたが、結局引き分け。

今日は、和田が大乱調。
何となく見ていたのですが、ボールが”フワッ”っとした感じでした。
暑いうえに湿度も高い。和田のような線の細い投手には酷な環境だったのかも知れません。
( このままでは、仮にメジャーに行けたとしても、活躍は難しいですね。 )

投球回 3
投球数 79
被安打 7
失点   6

ホークスも地道に得点を稼ぐも、9回表時点で6-3で楽天リード。
楽天クローザーの福盛登場です。

でも、自分はあきらめていませんでした。
8/13オリックス戦の大久保の時と同じ感じです。
確かに、勝てる確率は低いでしょうが、逆転の可能性も低くは無いと思っていました。

楽天は和田が降板して、5回~8回まで1人も塁に出られませんでした。
流れとしては、ホークスは悪くありません。

反撃の狼煙はファーストバッターが大事。
ズレータは見事にセンター前ヒット。
20060816213951.jpg

つづく、カブレラも2塁打で、無死2、3塁。
流れは非常にいい。

しかし、次の打者は本間。
なんとしても、三振だけは避けたい場面だけに、代打が欲しかった。

結果は三振。
20060816214018.jpg

ここで流れが切れたと思いました。
三振は投手を安心させ、気持ちを切り替える余裕を与える。
まして、3点差ですから、このような場面で、三振だけはいただけません。

やはり、立ち直りかけた福盛は、本多を有利に攻めていく。
そして、サードゴロ。( 仕方がないと思いました )
20060816214042.jpg

ところが、フェルナンデスがエラー!
そして、ズレータがホームへ駆け込み、1得点。
20060816214055.jpg

失った流れが、楽天のエラーで、呼び戻されました。

次の代打宮地は今季かなり調子が悪い。
とにかく戻ってきた流れを断ち切る事だけは避けて欲しかった。

結果は、ファーストゴロ。
20060816214119.jpg

がっくりした人も多かったと思うが、自分は喜んでいた。
今季の宮地は1割台。打てる確率はかなり低いし、出塁率も低い。
併殺は困るが、三振して、流れを切るほうが、凡打で終わることよりもっと被害が大きい。
三振をせず、併殺にも倒れなかった宮地は、きっちり代打の役目を果たしたと思う。

2アウトだが、打者は大村。
繋がる可能性は低くない。( せめて1点差であればとは思ったが )

そして、見事にセンター前ヒット。
しかも、関川が返球を焦り、エラーしたため、俊足本多も生還!
9回表の土壇場で同点!!
20060816214134.jpg

自分は「流れ」の主な定義は「投手の動揺」だと思っている。
人間が一度動揺して、正常に戻るには多少の時間がかかる。
プロの投手であれば、5~10分程度かもしれない。

しかし、少なくとも、この5~10分の間は能力を100%出すことは出来ていない。
従って、本来確率的には低い事象も、起こる確率が高まる。

だから、「投手の動揺」を抑える効果を持つ三振は避けるべし、と思うのです。
今日は楽天の2エラーによって、本間が落ち着かせた「投手の動揺を」味方が再誘発してしまいました。

楽天ファンがとても気の毒です。

vs 楽天 降雨

楽天に勝利。
楽天 3 - 6 ホークス

前回炎上した新垣だったが、心配はしていなかった。
1回裏、関川の2球目のスライダーの曲がり方をみて、今日は悪くないと思った。

しかし・・・

3球目、ストレートを2塁打
20060816005937.jpg

高須が送りバントした後、
リックをフルカウントの末、スライダーで死球
20060816005950.jpg

フェルナンデスにストレートを2塁打
20060816010000.jpg

続く磯部にも、ストレートをタイムリーヒット
20060816010013.jpg

一気に3失点。 
あれー、今日は調子悪いのかぁー?

でも、これが全てでした。
結局、楽天はこの3点が全て。
新垣は大雨に打たれながらも、2回~6回は失点0。

新垣の生命線はスライダーの制球力にかかっていると思う。
序盤、新垣得意のスライダーを見送られる事が多かった。
ひょっとして、投球フォームから読まれているのかと不安がよぎる。

しかし、その後の結果を見れば、雨のせいもあり、単に制球が微妙に狂っただけか?
そうでないと困るんだが・・・
どうも、自分には新垣の好不調が分かりづらいです。


 






 

vs オリックス 薄氷

 今日の先発は杉内。
いつ崩れるのかと、ヒヤヒヤしながら見ていた。

投球回 7回
投球数 111球 
被安打 6
四死球 0
失点  1

結果の数字は非常にいい。

杉内以外の投手がこの成績なら褒められるのみだろう。
でも、杉内の期待値からすれば、物足りないと言われるかも知れない。

杉内の速球は137km程度。
あまり速くない。(というよりも遅い)
しかし、杉内はタイミングを外すことで弱点をカバーしている。

テイクバックしてから・・・
20060813174440.jpg

リリースするまでの間に微妙な”間”が出来ていると・・・
20060813174704.jpg

タイミングが合わせづらい。
 20060813174718.jpg

5回表、相川、日高、の下位打線から下山まで3連打を浴びた。
杉内特有の”間”がなく、素直な投球でした。
この”間”がないときは、ホークスにとって、”魔”の時間です・・・

さて、気を取り直します。
今日のホークスは良く粘って、追いつめられながら同点に追いつきました。

中村監督のオーソドックスな采配に助けられた感じがします。

1対0オリックスリードの8回裏。
投球数も多く、失速していた川越を続投。
20060813175123.jpg

田上にタイムリーを打たれて、大村は同点のホームイン。
( 中村監督に、まず感謝 )
20060813175143.jpg

しかし、8回裏、ガルシアに痛恨の2ランを打たれて、
20060813175217.jpg

3対1と、引き離される。
今のホークス打線では絶望的な状況。
20060813175238.jpg

9回裏、代わった大久保が本多、本間に連打を浴びる。
そして、絶好調の大村が打席。

大久保続投。(いけると、思いました)
20060813175311.jpg

大村タイムリー!
20060813175324.jpg

同点。
( ありがとう、中村監督 )
20060813175336.jpg

中村監督のおかげで、今日は引き分けでしのぐことが出来ました。

戻りますが、9回表、ガルシアに勝ち越し2ランを浴びてがっくりの篠原。
それはそうでしょう、8月5日、パスクチにサヨナラHR打たれたばかりです。
20060813175247.jpg

でも、どんなに打ち込まれても篠原だけは責める気には全くならない。
’99年の貧弱先発陣の中、14連勝で初優勝に導いてくれた記憶はずっと残っているからです。

9回裏、同点に追いついた直後。
20060813175357.jpg

先発杉内、中継ぎ篠原ともに、さぞかしホッと肩をなで下ろした事でしょう。
( 山崎はおとぼけ気味 )

 

vs 日ハム 速球

2連勝!
神内の好投が光りました。

投球回 6回1/3
投球数 100
被安打  3
四死球  1
三振   11
失点    0

100球を越えた後の投球が課題の一つだけに、藤岡に代えないで欲しかった。

神内の好投を良く表してるのが、6回表の小笠原との対決だと思う。

打率.314、HR24、打点69。
いつもフルスイングを心懸けながら、高い打率を毎年継続する小笠原は驚き。
何であのスイングでこれだけシュアに成績が残せるのか非常に不思議だ。

そんな小笠原、6回裏、2死ランナーなし。
20060810234902.jpg

1球目 = 外角低め142kmで、ストライク 
20060810234916.jpg

2球目 = 同じく外角低めだが、落ちるスライダーで、ボール 
さすが小笠原、見極めて振ってきません。
20060810234928.jpg

ここで、間を取り直す。
どうも、タイミングが取りづらいのか・・・
20060810234942.jpg

3球目 = 外角低め142kmで、ボール。
これも見極めて、見逃し。
20060810234957.jpg

4球目 = 内角低め143kmで、空振りストライク!
やっと来たインコース。
これは打たねばと思い、フルスイングするが、ボール1個分ぐらい空を切ってました。
20060810235010.jpg

平静を装いますが、さすがに、突破口が見えなさそうな表情が出てました。
20060810235024.jpg

5球目 = 内角高め145kmで、ファール。
神内、渾身の速球で三振を狙うが、差し込まれながらもファール。
左から鋭角インハイの速球を、あれだけ軌道の大きなフルスイングで当てにいけるとは、凄すぎます。 
20060810235036.jpg

6球目 = 外角低め114kmで、ストライクゾーンから逃げていくカーブ。
平行カウンだけに、神内はボール球を投げる余裕があった。
小笠原も懸命にバットを止めたが、145kmの鋭い速球の後だけに思わず手が出た。
20060810235049.jpg

判定は、スイング。
三振!
20060810235104.jpg

こんな風に右に左に散らされたら、普通打てないよな。

神内の145kmは、体感的には馬原の150km台よりも速く感じるはず。
そんな速球を持つだけに、カーブは、めちゃめちゃ有効ですね。
( 一時、スライダー偏重傾向だったNPBもカーブが見直されてる感じがする )

最も、ランナーを塁に置くと、神内は投球が途端に単調になって、こんな風には攻められない。
ここも神内の課題でしょうね。

神内は、素直な性格なんだろうなぁって思ってしまいます。



vs 日ハム 兆し

残念ながら、3連敗です。
西武が勝ったので、2.5ゲーム差。

今日は、新垣だけに、こんなに打ち込まれるとは思ってもいませんでした。
杉本コーチが、いろいろとベンチで指導している様子でしたが、ちょっとふてくされ気味?
20060808214903.jpg

こんな事もあります。
でも、5回以降は、新垣->竹岡->三瀬で、0封。
明日へつなげることが出来たらいいんです。

こんな日でも収穫もあります。
湿り続けた打線に長打が出始めました。

4回裏、ズレータ。
ストレートを欲張らず、きっちり叩いた。
20060808214939.jpg

レフトオーバー!
20060808214957.jpg

迷わず2塁を狙ってセーフ。
沈滞する雰囲気を打破しようとする、とてもいい走塁でした。
20060808215010.jpg

次は5回裏、本多。
低めの変化球をしぶとく転がしました。
20060808215023.jpg

打球は鋭くないセンター前でしたが、これも好走塁で、2塁セーフ!
本多の足がとても光る走塁でした。
また、本多はフォームを崩されながらも当てにいける、いい好打者に成長しそうな予感です。
20060808215039.jpg

回は飛びますが、9回裏、辻。
低めの初球を打ちました。
(鈴木千恵レポーター、飽きないでちゃんと見ててくださいね)
20060808215124.jpg

「レフトフェンスに放りなげる」っていう感じの打球で2塁打!
スイングの軌道が大きめという事もあり、外角低めが得意か。

辻は死球が多い(あまり避けないってこともある)。
それだけに、投手は内角に投げにくいって事(特に満塁時には)。
そんな投手心理から外角に来るボールが得意って事は、とても強みです。
20060808215136.jpg

そして、松中!
最後のHRを見たのは一体いつだったか?
低めの速球を、見事にバットに載せて打つことが出来ました。
20060808215100.jpg

残念ながら、6mのグリーンモンスターに阻まれましたが、とても良い打球でした。
あまりにも当たりが良すぎて、バウンドが強すぎ、シングルヒットでしたが・・・
20060808215113.jpg

結局、今日は1点も入らず、23イニング連続で0点。
でも、近いうちに長打を絡めたビッグイニングで勝つ試合が見られそうな予感です。

山崎選手、ごめんなさい

20060807221909.jpg

日曜のサヨナラの後、山崎はベンチで悔し涙を流していたんですね。
近くにいながら、全く気づきませんでした。

あの日の馬原では、あのフォークをそらさなかったとしても、
結果は同じだったような気がする。

だから、山崎はそこまで自分を責める必要はないと、第三者の自分は思うのです。
でも、当の本人は割り切れるものではないんだろうな・・・

山崎って、ホントにいいヤツだよね。
熱いし。

悔しさを感じなかった自分を、ファンとして恥じてます。
ごめんなさい。

vs ロッテ 体感

今日もサヨナラで負けました。

マリスタに行って2試合連続サヨナラとは、ついてないです。
でも、初めてのフィールドシートは素晴らしかったです。

とにかく選手が近い!
選手の鼓動が聞こえるほどというのは大げさですが、
配球を組み立てるバッテリーの心理や、指示を与えるコーチ陣の駆け引きを感じながら
試合を見ることが出来ました。

今日の杉内は特に良いという印象は無かったのですが、
だからといって、ボールを置きにいくような投球もなく、復調途上といったところでしょうか。

6回を0点に抑えましたが、6回からボールが浮き気味でした。

7回には、里崎、今江を連続で四球。
無死、1,2塁にしてしまいます。
このまま投げさせると、いつも通り大量失点でしょう。
20060807000935.jpg

「早くベンチ動いてくれー!」と、比較的おとなしいフィールドシート内で大声を上げていると、
藤岡のコールがありました。
やっぱり、この場面では絶対的な信頼感をもてるのは、この男だけです。
20060807000954.jpg

打者は辻。
定石は送りバントだが、バレンタインの采配ではヒッティングかと思った。

だが、手堅く送りバント。
やはり、バレンタインは今のロッテ打撃陣に不安を感じているのだろう。
20060807001021.jpg



さあ、ロッテにとっては大舞台です!
今日一番のヤマ場と言っていいでしょう。
ロッテファンの盛り上がりも最高潮です。

しかし、藤岡はこのプレッシャーにも強気の投球を崩しません。

打者はサブロー。
0-2で、投手に取っては非常にツライカウントですが、真ん中にズバッと投げ込みました。
6月3日に大観衆の阪神戦を経験している藤岡にとって、このぐらいは許容範囲なのかも。

このままでは、いけないと思ったロッテベンチは次の球をスクイズさせます。
しかし、外角の逃げるスライダーで、スクイズ失敗!
20060807001038.jpg

カウントは2-2でしたが、この時点で勝負はあったのかも知れません。
しかし、現場で見ている方は両手を合わせ、祈るように藤岡を見ていました。

そして、三振!
藤岡は今日も私をしびれさせてくれました。
20060807001053.jpg

サブローにしては珍しくバットを投げて、怒りをあらわにしてました。
それほどに、このイニングは今日一番の盛り上がりを見せたと言っていいでしょう。
20060807001157.jpg

続く青野もセカンドフライ。
自分の目には、藤岡に後光が差しているぐらいまぶしかったです。

相変わらず、双方拙攻がつづいたまま、9回裏。
馬原登場です。

打者はパスクチ。
昨日はサヨナラHRを打ってますが、余り怖い打者とは思えません。

初球は152kmでファール。
2球目は149kmで見送りストライク。
20060807001232.jpg

2球目の馬原が投げたボールが山崎のミットに届くまでの軌道を、ハッキリ覚えています。
「今日の馬原はダメだ」、そう思いました。
さすがに、比較的静かなフィールドシートでその事を声に出すのはためらわれましたが・・・

「俺でも打てそうだ・・」、そんな暴言さえ出そうな気持ちでした。
球速は出ていますが、タイミングが非常に取りやすそう。

案の定、パスクチに2塁打。
敬遠策もあって、1死満塁。
正直、この時、諦めの気持ちもあって、自分は完全に冷めていました。

先ほど、藤岡との対決でスクイズ失敗しているサブロー。
2-1と追い込みます。

このカウントでは、フォークを投げると思いました。
「ワイルドピッチだけは勘弁だよ・・・」。 これも声に出して言うことは、憚れました。
20060807001310.jpg

そしたら、何とワイルドピッチ。
20060807001326.jpg

サヨナラ。


フィールドシートって凄いですね。

投手の好不調が手に取るように分かるんですね。
そして、藤岡、馬原の配球に潜む心の動きもよく分かりました。

人は予想していることよりも悪いことが起きると失望するようです。
今日のサヨナラは、完全に予想通りだったので、失望はありませんでした。
昨日のサヨナラといい、負けて悔しくないのは問題ですけどね。

vs ロッテ 一発

マリスタに行って来ましたが、残念ながらサヨナラ負けでした。

6回表にマリスタに到着したのですが、そこからは、両チームともゼロ行進。
投手戦というよりも、貧打戦といった方がしっくり来るかも知れません。

6回表の攻撃は惜しかったです。

2死1、2塁の場面で、山崎がレフト前ヒット。
いつもの通り、強気の森脇コーチは城所をホームへ突入させます。

タイミングはセーフでしたが、里崎のブロックに阻まれたとの判定でアウト。
20060806005601.jpg

ここから、ゼロ行進が始まります。
20060806005614.jpg

こうなると、双方とも一発が怖いので、早め、早めの継投をします。
ホークスは、スタミナに課題の残る寺原を110球を越えたところで、藤岡へ交代。

藤岡は今季40回も登板しているのに、驚異的な被本塁打ゼロ!
こういう展開では、藤岡に勝る継投は考えられません。
20060806005628.jpg

対するロッテは、ひたすら一発を狙い続けていました。

8回裏、里崎。(結果=セカンドフライ)
20060806005648.jpg

8回裏、今江。(結果=ピッチャーゴロ)
20060806005659.jpg

9回裏、フランコ。(ショートゴロでしたが、フランコはHR狙いだったとは言えないかも・・) 
20060806005730.jpg

9回裏、堀。(結果=三振)
20060806005712.jpg

藤岡は、予想通りのピッチングでした。
一発を狙い続ける限り、藤岡が相手では、バレンタイン、作戦ミスといえるかも知れません。

しかし、ロッテにチャンスが訪れる。
10回裏、ロッテは打者代田で代打橋本(シャレじゃありません)。
やはり、一発を狙った作戦は継続のようです。

ホークスも動きます。
右の藤岡に、左の橋本を出してきたので、左の篠原を投入。
20060806005757.jpg

しかし、代打の代打で、パスクチを代打(頭がおかしくなる)。
やっぱり、一発作戦。

だが、これが当たった。
20060806005813.jpg

見事、サヨナラホームラン。
HR.jpg

去年の驚異的な「つなぎ野球」がすっかり消えてしまったようだ。
一発に頼らざるを得なかったバレンタインに、今年のロッテ台所事情の厳しさが伺えた。

それだけに、サヨナラ負けなのに悔しさは、ほとんど無かった。

vs ロッテ 鬼

ホントに、斉藤和巳は恐ろしい投手です!

今日の和巳の調子はいいとは言えませんでした。
それでも完封。

完璧な投球を表現して、俗に「神ピッチ」と言ったりします。
でも、今日の和巳の投球をたとえて言うなら、「鬼ピッチ」。
テレビの画面を通しても、ビリビリと和巳の気迫が伝わってきました。


2回裏。
いきなり、無死、1、2塁のピンチ。
次の打者フランコを三振に取る(この場面で三振は理想的)。

続く大塚はサードゴロ。
カブレラが併殺ねらいで、3塁フォースアウトを避け2塁へ送球。
しかし、1軍初スタメンの本多は併殺を狙うも2塁アウトのみ。1塁は間に合わなかった。

ところが、バレンタインが抗議に出てきた。
何かと思ったら、本多は捕球前に2塁ベースから離れていたという主張。

録画をよく見ると、バレンタインの抗議は正しい。
誤審でした。
20060804235043.jpg20060804235052.jpg20060804235103.jpg

とはいえ、相変わらずピンチであることに変わりはない。
しかし、和巳は橋本を三振!
20060804235116.jpg

つづく3回裏。1死、1,2塁のピンチ。
しかし、サブロー、里崎を連続三振!
20060804235200.jpg

そして4回裏。2死2塁。またもや得点圏にランナーを置くピンチ。
だが、橋本をセカンドゴロ!
20060804235210.jpg

5回裏。2死1塁。
ピンチとは言えないまでも、ここまで毎回ランナーを出されると、さすがに見てる方も気弱になる。
しかし、、きっちりサブローをファールフライ。
20060804235220.jpg

6回、7回、8回は無難に抑え、尻上がりに調子が上がっていた。
しかし、9回裏、1対0でホークス1点リードで、今日最大のピンチを迎えてしまう。

無死、1、2塁。

続く青野は送りバント。
そして、きっちり成功。
20060804235238.jpg

9回裏で、1死2、3塁。
しかもロッテはホームの大声援を受け続けている。
サヨナラのお膳立てはそろった!

鬼の和巳が歯を食いしばる!
20060804235252.jpg

大塚三振!
20060804235304.jpg

辻三振!(まさに鬼!!)
20060804235314.jpg

がっちりと的場と抱き合い、勝利を分かち合う。
20060804235330.jpg

今日の和巳の投球には、とても考えさせられました。
自分は、野球は基本的には確率論だと考えています。

でも、今日の和巳の投球を見ると確率を超えた精神力を見た気がします。

事実、
・ 1回裏、俊足西岡が盗塁死。
   -> 和巳の気迫に押され十分なリード、スタートを取れなかった。

・ 9回裏、大塚振り逃げを逃す。
   -> 三振した大塚のフォークを的場は大きくはじいた。
       しかし、和巳にのまれていた大塚は、振り逃げすることを完全に忘れていた。

ロッテは、毎回、毎回チャンスを迎えていました。
でも、最後まで精神的にホークスを支配することが出来ませんでした。

それを阻止したのは、和巳の気迫だったと思います。
素晴らしい試合でした。
ありがとう、和巳!

vs 楽天 全力

王監督が退院されました。
20060803004842.jpg

少し痩せましたが、ガンとは思えない退院の早さと元気さでした。
入院前、退院後、丁寧に記者会見をするあたり、人格者らしく、感服いたします。

さて、今日もホークス勝ちました!
楽天が相手とは言え、和田の好投が光りました。

しかし、個人的には松中の走塁が一番印象的でした。

3回裏、1死1、3塁の場面で松中。
残念ながらセカンドゴロ。

当然、併殺するべく、まずはセカンドアウト。
20060803004858.jpg

続いて、1塁アウト。
かと、思われましたが、松中が全力疾走し、セーフ!
20060803005716.jpg

効率的なフォームとは言えませんが、この姿勢は全ての選手が見習うべきです。
20060803004923.jpg

併殺崩れの間、3塁川崎がホームインし、同点。
20060803004937.jpg

この場面から、さらに2点が追加された。
この追加点は、松中の全力疾走なくしては生まれなかった。

楽天先発の松崎は、今季の実績から言っても、今日の投球から見ても
ある程度の得点は出来るだろうと思っていました。

しかし、得点できる確率が高いからといって、必ず得点できるわけではない。
確率を最大限に高めるには、今日の松中の様な姿勢が不可欠。

前にも書きましたが、足に好不調はありません。
プロになると、どうしても、凡打後の全力疾走の意識が落ちます。
すべてが慢心の故とは言えませんが、避けられない傾向です。

その傾向の中で、松中ほどの打者(打率1位、出塁率1位、長打率1位)が
全力疾走の意識が強いのは、特筆に値します。
素晴らしいの一言です。

vs 楽天 

楽天に勝ちました。
意気消沈していたせいか、すっかり録画するのを忘れてました。

下位打線が打ったみたいですね。

6.柴原 4打数2安打
7.城所 4打数3安打
8.本間 4打数3安打
9.山崎 4打数1安打
      合計 9安打

今日の安打トータルが14安打なので、下位打線で65%ぐらいを占めてます。
何が原因なんでしょうか?
見ていないので、推測も出来ませんが・・・

城所にとっては、いい自信になったと思います。
失礼な言い方かも知れませんが、1軍の防御率の余り良くない投手を打ち込んで
自信を付けるのは、メンタル面でとても良いことだと思います。

西武、日ハムが勝ったので、ゲーム差は変わりません。
ロッテの小林雅は調子悪いみたいですね。

ロッテは今週、西武とホークスに計6連戦。
ここで、ぼろ負けすると、実質PO脱落になるでしょう。

何か、とりとめもないですね。
ちょっと覇気に欠けてます。
明日から、がんばりまっしょい。






稲嶺誉 登録抹消

31日の記事は大したことも書いてなかったんですが、アクセスが通常の倍はありました。
なんでかなぁーって思ったら、稲嶺の登録抹消のニュースが出たので、
「稲嶺誉」で検索された方が、このブログにたどり着いたんですかね。

ハリー母さんのホークス日記
福岡ソフトバンクホークス応援ブログ
快投乱打

上記のブログの管理者様達も、稲嶺登録抹消に疑問を感じてらっしゃるようです。
ホークス選手の中ではマイナーな存在で、殆どの人が気にも懸けてないかと思っていたら、
そうでもないようです。

誉ってまんざらでもないなぁーって、ちょっと嬉しかったです。

もちろん、自分はかなりショックを受けました。
函館でタイムリーも打っていたので、スタメン落ちはあっても登録抹消とは思ってませんでした。
ドームに行く電車の中で、「誉、ベンチにいない」メールを見て、一瞬頭が真っ白になりました。

でも、個人的には森脇さんや首脳陣を批判するつもりはありません。
いろいろと素人では分からない事情があって、熟慮の末の判断だと思っています。

誉には発憤して欲しい。
分かり切ったことですが、プロの厳しい世界は、結果が全て。
たとえ不条理な事でも、それを乗り越える気概が無ければ、いつかは挫折すると思う。

王さんだって、WBCであからさまに不公平な仕組みの中で結果を出したじゃないですか。
個人的には不公平だと思っているPOだって、ホークスは戦ってるじゃないですか。

でも、誉の性格を考えると、高橋慶彦のような育ての親がいて欲しいと、思っちゃうんですよね・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。