スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs オリックス 続投

周知の通り、9月23日(土)オリックス戦は敗退。
もう負けてはいけないオリックス2連戦の初戦を落す。

オリックス 5 - 4 ホークス

先発は杉内。
7回3失点は全てHRに絡んでいて、オリックスにとっては非常に効率的な得点。

2回表、ガルシアにソロHR
6回表、下山に2ランHR

今季の杉内らしいと言えば、杉内らしい失点の仕方だ。
そして、7回を終えて3対3の同点。

でも、松中の復調を伝える解説を聞いていたし、松中の一発で決まる期待をしていた。
なぜか自分は負けることはないだろうと言う、根拠のない安心感を持っていた。

そして、8回表、2死1塁、3対3同点の場面で吉田修司登場。
対する打者は後藤。

正直、自分は以前から吉田起用に対する多少の疑問は持っていた。
それでも、左のワンポイントだし他のブルペンの負担を減らすことには賛成だった。
まあ、この場面で失点することはないだろうと、楽観していた自分は、やはり素人だ。

1球目 スライダー  ストライク 
2球目 ストレート   ボール

・ 球速が出ないのは仕方ないが、スライダーの変化に打ちにくさを感じないなぁ・・・

3球目 スライダー  空振り

・ それでも空振りって事は、やっぱり後藤は左に弱いんだ・・・

4球目 スライダー  ファール
5球目 カーブ     ファール
6球目 ストレート   ファール

・ やっぱり、三振は無理か・・・

7球目 スライダー  タイムリー2ベース

・ あっ! 失点? あの球じゃ、しょうがないかも・・・(それでも次の大西は打ち取り3アウト)

8回裏、ホークスは無死満塁の場面から1得点のみ。
(残念ながら、松中は、フォアボールでした。)
ここで、日ハムがロッテにサヨナラ負けした情報がヤフードームに入り、大歓声。

・ よーし、運が向いてきたぞぉ!

9回表、オリックスの攻撃で打者はガルシア。
今日はここまで3打数2安打(HR1本)で調子がいい。
そしてマウンドに立っているのは、

吉田修司?

なんで? 左と左だから?
結局、ガルシアには2ベースを打たれ、藤岡にバトンタッチするも痛恨の1失点。
そして、そのまま9回裏ホークスの攻撃は無得点に終わり、負け。

そこまで吉田を多用するのには理由があるからだと思う。
でも、その理由が素人の自分にはよく分かりませんでした。
だれか教えてください。






 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。