スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 西武 収穫

気持ちの晴れる試合でした。

西武 3 - 11 ホークス

松永先発はホークスにとっては光明でした。
昨日松坂に完封されて落ち込んでいた打線もすっかり息を吹き返した感じです。

4回表のビッグイニングに一挙に4点。
松永は制球が定まらず、明らかに平常心ではありませんでした。
これで4対1。相当有利な展開。

が、5回裏に和田が捕まり、1死1、2塁の場面で片岡にツーベースを打たれ1失点。
ここで、和田は降板します。
結局この回2失点で4対3(和田の自責点は2)。

しかし、6回表に松中のタイムリーで5対3とした時点で、ホークスの勝利が見えてきた。
欲張れば、だめ押しが欲しい。
8回表、先頭打者大村が倒れ、大道がフォアボールで出塁で1死1塁。
次の打者は、好調の松中。

ここで、代走稲嶺!
この時点で西武の投手は三井。松永と違い、牽制は余りうまくない。
かなり稲嶺の足を気にしている。それはそうだろう、いつ走ってもおかしくない状況だ。

稲嶺が気になって甘く入った球だったか、松中は3塁線横を抜けていくヒットを放つ。
そして稲嶺は走る!

セカンドベースを回る!

サードベースも回った!

なんと、ホームイン!!!

3塁ベンチサイドシートにいた自分に向かって駆けてくる稲嶺を見て、自分は思わず立ち上がった。
無我夢中で右腕をぐるぐる回し、「回れ、回れ!」と絶叫していた。
後のことは良く覚えていない。
こんな起用が、今の稲嶺にマッチしてると思う。

この時、自分は相当アドレナリンが爆発していたのだが、更なる出来事が待っていた。
9回表、2死1,3塁の場面で打者松中。
スコアは7対3。
今日の勝負はほぼついていた。
でも、松中の勝負はついていない。

'04、'05年POの10試合で安打はたったの3。
昨日、今日ですでに5安打。十分挽回している。
ただ、一つだけ足りなかった。
それはホームラン。

やってくれた。
石井貴の2球目は右中間へ放物線を描いていった。
自分はこの時が来るのを2年間待っていたのだ。

素直に嬉しい。
ゲームセットと同時に自分は3塁ネットに駆け寄った。
ヒーローインタビューを間近で見るためだ。

TEHsh0062.jpg

松中は泣いていた。
自分はすぐ正面で、「信彦!おめでとう信彦!」と何度も叫んでいた。

傍目にはおかしく映っただろうか?
そんなことはないと思う、ホークスファンの殆どは自分と同じ気持ちだったと思うのだが。

追伸 : せな様、チケットを分けていただき、本当に有り難うございました。
      当初、全然行く気が無かったPOに来られたのは、せなさんのおかげです。
      こんな良い試合が見られて、本当に感謝しています。


 








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

誉激走!

誉!よく走った!
あれはキミにしかできない!
誰も誉めてくれないから私が誉めてやる!(笑)

でも実はあの時,外野に遊びに行ってました。バカです。(笑)
大道さん出塁!
ベンチの誉が動く!
あ,ヤバイ代走出る!
内野に戻らなきゃ…カキーン!ばびゅーん!(笑)

仕方がないので外野でボード出して暴れました。

今日は行ってよかったでしょ?
明日も応援よろしくです!

せなさま

昨日は本当に有り難うございました。
誉の元気な走りを見て嬉しかったです。
また、信彦の涙を目の前で見ることが出来るとは・・・

何かの機会に是非お礼をさせてください。

私も昨日ベンチサイドシートにいて、稲嶺が代走で出て、松中が打ったときには、「イナミネー! はしれー! 回れー!」と叫んでました。

私にとってはあれが昨日の試合のハイライトでした... (ヘンなにわかホークスファンですいません)

トラックバック

06.10.8 PO 第1ステージ 西武 × ソフトバンク 第2戦

せっかく首都圏でプレーオフをやっているので、インボイス西武ドームまで行ってきました。本日はホークスが勝利。第1ステージ通過チーム決定は明日に持ち越されました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。