スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでの打撃成績

27試合を終え、我がホークスは1位とゲーム差なしだが、勝率差によって3位。
まずまずの位置でしょうか。

和巳が登録抹消という情報が入っていますが、まずはこれまでの打撃成績を振り返りたい。

まず、出塁率(10試合以上出場)。

1位 .396 多村
2位 .381 松中
3位 .371 大村
4位 .351 川崎
5位 .339 ブキャナン
6位 .336 小久保
7位 .306 柴原
8位 .301 本多
9位 .301 本間


次に、長打率(10試合以上出場)。

1位 .542 小久保
2位 .500 ブキャナン
3位 .485 松中
4位 .484 多村
5位 .415 川崎
6位 .408 柴原
7位 .382 大村
8位 .375 森本
9位 .295 本多

そして、OPS(上位5名)。

1位 .878 小久保
2位 .880 多村
3位 .866 松中
4位 .839 ブキャナン
5位 .766 川崎

20070428075111.jpg
(何と言っても、多村の活躍が顕著だ)

OPSが1.000を越える松中が単独突出していた'06と比べると、大きな違いだ。
なんと、高OPSの.800以上が4人もいる。
平均して数値の高い4枚がいることの意味は非常に大きい。

それは得点力に現れている。
これまでのホークスの得点はダントツの1位。

ホークス   131得点
オリックス 105得点
楽天    104得点
西武      99得点
ロッテ      94得点
日ハム     83得点

正直、小久保、多村がシーズン途中で脱落することが予想されるので、夏場以降が怖い。
しかし、これだけ得点力が有りながら、勝率差での3位には不満が残る。

なぜなら、1位ロッテ、2位西武の得点との差は37得点、32得点だからだ。
ここに、'07ホークスの課題が見えてくるが、それは改めてアップしたいと思う。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。