スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークス対広島

20060511223832.jpg
( 毎回、投げる度に窮地に陥るカラスコ )

やっぱり、この男は期待を裏切らなかった。

投球回 安打 四死球 失点 防御率
   3         6    2   3  14.81( <= この投球でも17.18から改善!

カラスコの異常にテンポの速い悪送球の連続を見ていると、無性に腹が立つ。
まあ、カラスコを責めるよりも、カラスコを雇用したフロントを責める方が筋かも知れないが。
そうすると、王さんはGMを兼務しているので、自己責任にもなるな・・・

それに比べると、神内に今後の期待がかかる。

投球回 安打 四死球 失点 防御率
 4 1/3      2   0    1  3.50

少々突っ込み気味の投球フォームから、制球に不安があるし、
ランナーを1塁に置くと、配球が単調になり易いと思う。
だが、逆に言えば、荒削りで、伸びしろが大きく残っている、とも言える。

さすがにカラスコは、ファームで飼い殺しになるだろうな・・・

↓↓↓クリックお願いします。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

何とも残念です…。
広島に負け越しとは。(泣)
カラスコくん…。(号泣)

セもよく観ますが,関東某球団の球界一あごの長~いピッチャーの防御率に驚いてる場合じゃなかったですね。

誉くんも出ましたが…。
…微妙です。(汗)
というより起用法に疑問があります。
違う使い方があるでしょ~!と声を大にして言いたい。

なんて素人が生意気言ってます。
ドームと神宮に行くので,誉くんにはがんばって欲しいです。

カラスコやってくれましたね!
ずっとカラスコ投げさせて毎回得点、自信喪失、カラスコから契約放棄、万歳!
やっぱり先発って大事ですね!

訳わからん事を投稿してしまいました。
m(_ _)m
ただ2年5億と言われる契約の割りには結果が情けないと言いたかったんです。

せな さん

稲嶺は右打ちでバントしたので、セーフティーになる確率は低かったので、意図的な送りバントと、思いました。

でも、王監督の不機嫌そうな顔をみると、そうでもないらしい。稲嶺はベンチに戻り、キャッチボールを始めたので、そのまま守備につくと思いきや、ベンチに居残り。

??? 不満は募ります。
東京ドームはいけないけど、神宮は行くつもりです。声の限り応援します。

Bom人 さん

正直、わたしも同感でした。

カラスコを5回ぐらいまで投げさせると思っていましたので、1試合は捨て、ぼろ負けする事で、カラスコに引導を渡すほうが、長期的にはいいと、思っていました。

中途半端に降板すると、また先発登板しかねないですもんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。