スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークス対阪神

20060513020850.jpg
( 5回裏、勝敗をほぼ決める3ランを打つ松中 )

今日は安心して見ていられる試合でした。
阪神ファンに殴られるかも知れないが、和巳と井川では安定感が違う。

連戦の続く交流戦なので、井川が崩れても5回、6回までは続投になることは分かっていた。
それだけに、継投前の松中の3ランは、勝負を決める一打と言って良いと思う。

ただ、今日は井川にもらった勝ちのようなもの。
明日からが、阪神戦本番

          出塁率 長打率
1番 赤星   .363  .359  
2番 桧山   .275  .306
3番 シーツ  .409  .619
4番 金本   .381  .416

金本が右手薬指を怪我して不調だが、阪神上位打線は驚異。
なぜ、出塁率が低く、犠打もしない桧山が2番なのか、よく分からないが、
赤星の俊足を考えると、投手戦になった場合、非常に強みを発揮する布陣だ。

第2戦がとても楽しみだ。

↓↓↓クリックお願いします。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。