スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークス対横浜

20060524005602.jpg
( 4回裏、走者大村1塁で、川崎がヒット。
  取れなかったが、大村の足を一瞬止めさせた素晴らしい内川の守備 )

今日の敗因は、新垣でもなく、送りバントを出来なかった柴原でもないと思う。
敗因は、個人的に感じているいつものおかしな采配だ、と思う。

4回裏無死、俊足大村、川崎が1塁、2塁を埋めていた。
しかし、3番柴原に送りバントの指示。
長打率.409
得点圏打率.452

この数字でも不安なのかな? これ以上の数字を出す人はそういないと思うよ。
併殺がそんなに怖いのかな? 柴原は遅くないと思うよ。
後の打者が頼りないかな? 松中は上げ調子の強打者だよ。

まあ、いつものことだからしょうがない。
別に、王さんを批判している訳じゃないです。
違うやり方もあるんじゃないかと、個人的に思ってるだけです。

ロッテが横浜を3タテは、多村の不在が大きな原因かなぁ。

↓↓↓クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私は、大道スタメン起用が良く理解できないのですが・・・。
それから、中途半端なスモールベースボールはやはり中途半端ですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Bom人 さん

持っているデータは膨大なはずなのに、それを活かせてない気がしますね。

もっとも、不可思議な采配に映るものも、実はしっかりしたデータの裏付けがあるのかも知れません。

そこら辺が素人では分からないとこですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。