スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本間 満

20060501112422.jpg
(4/30日ハム戦で貴重な先制犠飛を放つ)

1番大村(左)、2番川崎(左)、3番カブレラ(右)、4番松中(左)、5番ズレータ(右)。
今のホークスの打順だ。2番は川崎で良いのだろうか?

     打率 出塁率  四球   三振 犠打 得点圏打率
川崎  .268     .268       0         2      0         .286
本間   .256     .314       6        16      8        .438

どちらも選球眼が良いとは言えないが、駒不足の今は贅沢は言えない。
打率は両者とも似ているが、出塁率、得点圏打率は本間が大きく上回っている。
しかも、本間は犠打を要求されることが多いので、今の成績はそこそこだ。

結論から言うと、今のままなら、川崎は2番に適さない。出塁率の低さから1番は不可。
WBCの様に9番に置いて、打線の継ぎ目をなくすことが最適だと思うが、どうだろうか?

↓↓↓クリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。