スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホークス対阪神

20060604162258.jpg
( 1回裏、2死1、3塁で濱中をレフトフライに打ち取る )

先発田之上はローテの谷間。しかも初回に赤星、藤本に連続ヒットを浴びた。
正直、今日の試合は期待していなかった。しかし、予想を裏切る好投で勝利。

今日の田之上は、打たせて取る投球が際だっていた。
投球回6でアウト数が17。その内訳は下記の通りだ。

ゴロアウト      8
フライアウト    
ライナーアウト  
三振        
-----------------
     合計  17

つまり、阪神打線は完全にタイミングをはずされた格好。
ストレートの速球は140kmちょうど位、現在の投手レベルではお世辞にも速くない。
しかし、100km程度のカーブが非常に有効に働いた。

初回、連打を浴び、いきなり窮地に陥る。2死1,3塁のピンチで濱中。
濱中をレフトフライに仕留めて、窮地を乗り切ったのが、106kmのカーブ

6回裏、シーツは完璧なHRで阪神初得点。これが、99kmのカーブ
その後、連打を浴びる。カーブが見切られた段階で、田之上の降板は決まっていただろう。

カーブのキレが素晴らしかったかと言えば、そうでもない。
正直、「なんで阪神はうち崩せないんだろう?」と思った。
田之上のカーブに目が慣れたら、最後は馬原。そりぁ、打てないよな。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

昨日はうるさい応援でごめんなさい。
甲子園にいた私も貧血になりそうなくらいすごかったです。
そして今日はムネリンのすばらしいホームランを見せていただきました。
昨日今日とホークスさんは守備がすばらしいと感じました。
そうそう、久しぶりに鳥越さんを見れて感激しました。

次は是非、日本シリーズでお会いしたいものです。

kobera さん

個人的には土曜のお立ち台は鳥谷ではなく、阪神ファンだと思ってます。
ファンがあれほど熱かったからこそ、土曜の勝利を呼び寄せたのだと思います。

鳥谷の地元と自分はとても近いせいもあり、阪神では鳥谷を応援しています。将来性抜群ですが、全力疾走しないことと、関西のカラーに合ってなさそうなのが、心配です。

阪神ファンは日本シリーズで'03のリベンジを果たすべく、ホークスが勝ち上がって来ることを期待しているひとが多いですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。