スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 楽天 課題

ホームで楽天との3連戦。
2勝1敗だが、内容的には不満が残った。

  6/23(金) 5対0(勝:斉藤和 負:グリン)
  ・ 斉藤和巳が完璧すぎた。それはそれで嬉しいが、課題がかき消されてしまう。

  6/24(土) 0対1(勝:愛敬 負:田之上)
  ・ ホークスは継投を含め4回、9回以外は全て得点圏にランナーを出すも得点0

  6/25(日) 4対3(勝:神内 負:一場)
  ・ 一場の不安定な立ち上がりに4得点。それが全てだった。以降は得点0

野村采配の成果が出てきたのか分からないが、交流戦以降、破綻することが少なくなった。
開幕前、野村監督が言っていたサプライズの采配ではなく、定石通りの采配に見える。

対して、王監督の采配は今まで通りだ。相手のスキをものにして1点を稼ぐ野球は苦手。
金曜と日曜はHRが出たために勝利。土曜の敗戦はHRなしでは得点できなかったため。

6/24、7回連続得点圏にランナーを置いて得点できなかったのは数字的にみると、どうなるのか?
ホークス全体の得点圏打率は分からないが、大体0.300位だろう。
得点圏にランナーを置いた後の打者の合計数は12。
12回連続3割の確率で成功するものが失敗する確率は、
1.000-0.300の12乗 = 0.0138!(1.38%)

まあ、単なる数字の遊びにしか過ぎませんが、
どれだけホークスがHRなしで得点することが苦手なのかよく分かると思う。

手元に数字はないですが、下記の数字を集め、他球団と比較してみれば、
ホークスが何をすべきか自ずと見えてくると思う。(分かっても、かわらないと思うけど・・・

a)得点に占めるホームラン比率
b)バント成功率
c)盗塁成功率
d)2死1塁の場面での盗塁企図数

b~dまでの数字を上げる為には、稲嶺はいい働きすると思うんですけどねぇ

↓↓↓クリックお願いします。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

またまた

行って来ました,福岡。(死)
天候が悪く,色々振り回されましたが,ガッツリ見てきました。
めっちゃ楽しかったです。
長くなりますので,こちらには書かず,個人的にレポートさせていただきます。

せな さん

行って来ましたか福岡!

自分は今日福岡から帰ってきました。
しかも、日帰り出張(T_T)

”めっちゃ楽しかったです。”ってコメントがとても輝いて見えます(^^;)
レポート楽しみに待ってますね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。