スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 楽天 支配力

9対1で勝利!
王監督離脱直後の試合で、負けたくない試合だったので、よかった。

強力な先発陣の中で、開幕からチームを引っ張っているのが斉藤和巳。
今年は、パリーグで松坂と双璧をなす抜群の実績。
20060708193949.jpg

投手の基本はストレート。
長身を生かし切っているとは言い難いが、高いリリースポイント。
20060708194009.jpg

この140m台落差のあるストレートが低めにストライクがきっちり決まると、調子がいい。
今日は、このストレートがボールにはずれることが多かった。絶好調ではないと思う。
20060708194031.jpg

140km台のストレートを基本に、

制球のいい低速スライダー。      内角をきつくえぐる、強気の姿勢。
20060708194114.jpg     20060708194132.jpg
なかなか、うち崩せるものではない。

そんな、和巳の投手としての支配力を判断できる機会が訪れた。
6回裏、無死満塁のピンチ。
20060708194204.jpg

リックにセンター前に運ばれ、1失点したが、

1人目 フェルナンデスを、0-0のカウントから、145kmど真ん中ストレートでライトフライ。
2人目 山崎武を、0-2のカウントで、真ん中高めの148kmストレートで詰まらせて、ショートフライ。
3人目 憲史を、1-0のカウントで投げた低めのスライダーで、ファールフライ。 
20060708194223.jpg20060708194241.jpg20060708194259.jpg

正直、楽天打撃陣の弱さ、味方の大量得点で精神的に助けられた感じもある。
ただ、苦しい場面で、しっかりとストレートを軸に配球を組み立てることが出来たのは素晴らしかった。
やはり、投手はしっかりとストレートが決められる事が大前提だと、改めて思った。

一方、11連勝中の日ハムを10回まで2失点(単発HRのみ)で抑えた松坂も凄い。
松坂と和巳を比べると幾分松坂が上回ると思っている。
20060708212314.jpg

理由は、体力差。
9回でも10回でも、全く球威が落ちない松坂は驚嘆以外のなにものでもない。
和巳も恵まれた体格で素晴らしいのだが、松坂は別格のモンスターだから・・・



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

チーム一丸でこのまま常勝を!
松坂は相変わらず強靭ですね。
昨日は日ハムが球団新記録だと思ったんですけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。