スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森脇 浩司

9日は、雨のため試合中止。
試合が無いため、現在ホークス監督代行の森脇コーチに焦点を当ててみたい。

現役での成績は特別なものはない。
基本的には守備固めに起用されていたので、打撃での成績が華やかでないのは無理はない。

843試合 1095打数 244安打 14本塁打 17盗塁 

森脇コーチを彩るのは、選手としての成績ではなく、野球を通しての生き方にあると思う。

’79年、津田と共に広島カープに入団する。
後年、津田は、回復の希望がない脳腫瘍に冒される。
津田の必死の闘病生活を支えたのは森脇であったことは有名な話だ。

森脇自身も選手時代、常に怪我に悩まされた。
それも、故障というレベルではなく、選手生命を絶たれるような大怪我だ。
しかも、3度も。

森脇コーチは、自身の大怪我からの克服と、絶望的な病に冒された津田が
回復を信じて必死に闘病している姿を見てきているだけに、困難とは何なのかを
良く知っている人だと思う。

森脇コーチは、王監督が腫瘍のため緊急入院しなければならないと聞かされたとき、
津田を思い出さずにはいられなかっただろう。

王監督がいないのは辛い。
しかし、森脇コーチはこの困難を克服できる精神的修養は積んできている。
結果は自ずとついてくるはずだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

森脇コーチってもともと広島だったんですかぁ。
常勝軍団をサポートして来た人なので任せていても大丈夫でしょう!
勝ちつづけて欲しいですね。

Bom人 さん

ホントにここからが勝負ですね。
自分は、7月30日、マリスタに行きます。
声が枯れるまで応援するつもりです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。