スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 楽天 全力

王監督が退院されました。
20060803004842.jpg

少し痩せましたが、ガンとは思えない退院の早さと元気さでした。
入院前、退院後、丁寧に記者会見をするあたり、人格者らしく、感服いたします。

さて、今日もホークス勝ちました!
楽天が相手とは言え、和田の好投が光りました。

しかし、個人的には松中の走塁が一番印象的でした。

3回裏、1死1、3塁の場面で松中。
残念ながらセカンドゴロ。

当然、併殺するべく、まずはセカンドアウト。
20060803004858.jpg

続いて、1塁アウト。
かと、思われましたが、松中が全力疾走し、セーフ!
20060803005716.jpg

効率的なフォームとは言えませんが、この姿勢は全ての選手が見習うべきです。
20060803004923.jpg

併殺崩れの間、3塁川崎がホームインし、同点。
20060803004937.jpg

この場面から、さらに2点が追加された。
この追加点は、松中の全力疾走なくしては生まれなかった。

楽天先発の松崎は、今季の実績から言っても、今日の投球から見ても
ある程度の得点は出来るだろうと思っていました。

しかし、得点できる確率が高いからといって、必ず得点できるわけではない。
確率を最大限に高めるには、今日の松中の様な姿勢が不可欠。

前にも書きましたが、足に好不調はありません。
プロになると、どうしても、凡打後の全力疾走の意識が落ちます。
すべてが慢心の故とは言えませんが、避けられない傾向です。

その傾向の中で、松中ほどの打者(打率1位、出塁率1位、長打率1位)が
全力疾走の意識が強いのは、特筆に値します。
素晴らしいの一言です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。