スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs ロッテ 鬼

ホントに、斉藤和巳は恐ろしい投手です!

今日の和巳の調子はいいとは言えませんでした。
それでも完封。

完璧な投球を表現して、俗に「神ピッチ」と言ったりします。
でも、今日の和巳の投球をたとえて言うなら、「鬼ピッチ」。
テレビの画面を通しても、ビリビリと和巳の気迫が伝わってきました。


2回裏。
いきなり、無死、1、2塁のピンチ。
次の打者フランコを三振に取る(この場面で三振は理想的)。

続く大塚はサードゴロ。
カブレラが併殺ねらいで、3塁フォースアウトを避け2塁へ送球。
しかし、1軍初スタメンの本多は併殺を狙うも2塁アウトのみ。1塁は間に合わなかった。

ところが、バレンタインが抗議に出てきた。
何かと思ったら、本多は捕球前に2塁ベースから離れていたという主張。

録画をよく見ると、バレンタインの抗議は正しい。
誤審でした。
20060804235043.jpg20060804235052.jpg20060804235103.jpg

とはいえ、相変わらずピンチであることに変わりはない。
しかし、和巳は橋本を三振!
20060804235116.jpg

つづく3回裏。1死、1,2塁のピンチ。
しかし、サブロー、里崎を連続三振!
20060804235200.jpg

そして4回裏。2死2塁。またもや得点圏にランナーを置くピンチ。
だが、橋本をセカンドゴロ!
20060804235210.jpg

5回裏。2死1塁。
ピンチとは言えないまでも、ここまで毎回ランナーを出されると、さすがに見てる方も気弱になる。
しかし、、きっちりサブローをファールフライ。
20060804235220.jpg

6回、7回、8回は無難に抑え、尻上がりに調子が上がっていた。
しかし、9回裏、1対0でホークス1点リードで、今日最大のピンチを迎えてしまう。

無死、1、2塁。

続く青野は送りバント。
そして、きっちり成功。
20060804235238.jpg

9回裏で、1死2、3塁。
しかもロッテはホームの大声援を受け続けている。
サヨナラのお膳立てはそろった!

鬼の和巳が歯を食いしばる!
20060804235252.jpg

大塚三振!
20060804235304.jpg

辻三振!(まさに鬼!!)
20060804235314.jpg

がっちりと的場と抱き合い、勝利を分かち合う。
20060804235330.jpg

今日の和巳の投球には、とても考えさせられました。
自分は、野球は基本的には確率論だと考えています。

でも、今日の和巳の投球を見ると確率を超えた精神力を見た気がします。

事実、
・ 1回裏、俊足西岡が盗塁死。
   -> 和巳の気迫に押され十分なリード、スタートを取れなかった。

・ 9回裏、大塚振り逃げを逃す。
   -> 三振した大塚のフォークを的場は大きくはじいた。
       しかし、和巳にのまれていた大塚は、振り逃げすることを完全に忘れていた。

ロッテは、毎回、毎回チャンスを迎えていました。
でも、最後まで精神的にホークスを支配することが出来ませんでした。

それを阻止したのは、和巳の気迫だったと思います。
素晴らしい試合でした。
ありがとう、和巳!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

確かに斉藤投手は素晴らしい。ピンチになればなるほど力を発揮するあたりエースの風格を感じます。
ただ、ひとつ言わせてもらえば、もう今のロッテは誰が投げても同じです。得点圏打率はおそらく12球団一低いでしょう。後半戦始まって10試合で21得点です。
長々と書いてしまいましたが、今のホークスには本当に粘り強さ、力を感じます。敵ながらあっぱれです。「倍返し」。完璧にやられました!

そこらのロッテファン 様

コメント有り難うございます。

交流戦後は急激に失速してしまいましたが、
ロッテファンの間では統一した見解があるのでしょうか?

個人的には、投手陣の昨年からの疲れが出て、'05年ほどの活躍ではありませんが、与四死球は少なく、一発を浴びにくい、優秀な先発、ブルペンであることは変わっていないと思っています。
PO、日シリ、アジア、WBCと続けば、負担の大きい投手に期待しすぎるのは酷な気がします。

打撃に関しては、四球を選ぶ出塁率重視は変わりませんが、三振が多くなっていると思います。
各選手一発を狙う傾向が強くなっている気がするのは、私だけでしょうか。

ただ、若いチームはリバウンドも大きいので、そんなに心配する必要も無いのかも知れません。(西武が良い例ですね)

気になるのが、盗塁数です。
今年はマークがきつくなっていることもありますが、方針の変更があったのですか?
高橋慶彦が走塁コーチなので、とても関心があります。

こんにちは。昨日は斉藤和巳も凄かったらしい、というのをニュースで見ました。この記事も興味深く拝見しました。

私は東京ドームで横浜vs読売戦を見ていたのですが、こちらも素晴らしい気迫の投手戦でした。
ただ、こちらのヒーローは、まだ和巳並のエースになるには時間がかかりそうな感じでしたが。。。(笑)

返事ご丁寧にありがとうございました。

統一の見解と言うことですが、ファンもかなり「?」です。ただ、優勝しましたが交流戦も決して調子は良くなかったんです。疑惑の判定や、相手の自滅に助けられました試合が多かったですね。調子は悪いのに、交流戦優勝ということで、勘違いしてしまった気がします。

去年と違うのは、ボビーの判断力のなさでしょう。何か、迷いを感じます。素直に送ればいい場面で、初球を待たせてしまったり、選手がサインを待つ間に簡単に追い込まれたり。その迷いの先にあるのは、大概最悪の結果です。

西岡がブログで「走りたいのにサインが出ない」と書いていました。監督と選手の思惑に何かズレが出ていますね。

もちろん選手も問題です。調子が悪いと、開き直ろうと思い切ってバットを振るようですが、進塁打など最低限の仕事を忘れています。併殺の数が異常に多いんです。若手はある程度しかたないんですが、堀・サブロー・大塚らベテランがそうですからがっかりです。

他球団のファンが長々と書いてしまいましたが、一時は18連敗も経験した身です。へっちゃらです(笑)投手陣は決して負けてませんからね。これからのM×H戦も、楽しみにしてます。

そこらへんのロッテファン様

今日、他の用事があったので、行かないつもりでしたが血が騒いだので、マリスタに行っちゃいました(笑)

六回表から見始めました。今日のロッテはこまめな継投が功を奏しましたね。

逆にホークスは篠原が痛恨のサヨナラホームランを打たれちゃいました。

今年のホークスは、ロッテより貧打なんですよ(笑)ブルペンの総動員って感じで、結構楽しめましたよ。

yuanyuan 様

せっかくマリスタ行ったのに、負けちゃいました。
実は、今日横浜で用事があったんですが、マリスタに強行軍しました(笑)。

ハマスタではライブやってましたね。何のジャンルか、全く分かりません。(T-T)ハマスタの回りにベイスターズ選手の大きな写真が懸かってました。多村が1番カッコヨカッタ。
吉村も有るんですか?

彼のスイングは小久保を彷彿とさせ、将来が楽しみですね。和製大砲を揃えるベイスターズは羨ましい(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。