スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs オリックス 薄氷

 今日の先発は杉内。
いつ崩れるのかと、ヒヤヒヤしながら見ていた。

投球回 7回
投球数 111球 
被安打 6
四死球 0
失点  1

結果の数字は非常にいい。

杉内以外の投手がこの成績なら褒められるのみだろう。
でも、杉内の期待値からすれば、物足りないと言われるかも知れない。

杉内の速球は137km程度。
あまり速くない。(というよりも遅い)
しかし、杉内はタイミングを外すことで弱点をカバーしている。

テイクバックしてから・・・
20060813174440.jpg

リリースするまでの間に微妙な”間”が出来ていると・・・
20060813174704.jpg

タイミングが合わせづらい。
 20060813174718.jpg

5回表、相川、日高、の下位打線から下山まで3連打を浴びた。
杉内特有の”間”がなく、素直な投球でした。
この”間”がないときは、ホークスにとって、”魔”の時間です・・・

さて、気を取り直します。
今日のホークスは良く粘って、追いつめられながら同点に追いつきました。

中村監督のオーソドックスな采配に助けられた感じがします。

1対0オリックスリードの8回裏。
投球数も多く、失速していた川越を続投。
20060813175123.jpg

田上にタイムリーを打たれて、大村は同点のホームイン。
( 中村監督に、まず感謝 )
20060813175143.jpg

しかし、8回裏、ガルシアに痛恨の2ランを打たれて、
20060813175217.jpg

3対1と、引き離される。
今のホークス打線では絶望的な状況。
20060813175238.jpg

9回裏、代わった大久保が本多、本間に連打を浴びる。
そして、絶好調の大村が打席。

大久保続投。(いけると、思いました)
20060813175311.jpg

大村タイムリー!
20060813175324.jpg

同点。
( ありがとう、中村監督 )
20060813175336.jpg

中村監督のおかげで、今日は引き分けでしのぐことが出来ました。

戻りますが、9回表、ガルシアに勝ち越し2ランを浴びてがっくりの篠原。
それはそうでしょう、8月5日、パスクチにサヨナラHR打たれたばかりです。
20060813175247.jpg

でも、どんなに打ち込まれても篠原だけは責める気には全くならない。
’99年の貧弱先発陣の中、14連勝で初優勝に導いてくれた記憶はずっと残っているからです。

9回裏、同点に追いついた直後。
20060813175357.jpg

先発杉内、中継ぎ篠原ともに、さぞかしホッと肩をなで下ろした事でしょう。
( 山崎はおとぼけ気味 )

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。