スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

vs 楽天 油断

もったいない引き分け。
それが今日の試合だろう。

楽天 1 - 1 ホークス

最近好調の和田は今日もしっかりと仕事をした。

投球回 7回2/3
投球数 121
被安打  5
四死球  3
自責点  1

惜しい。
失点は単発HRのみ。
しかも、打者は被本塁打打者としてはノーマークの飯田。
この打席までの飯田の結果は、

1打席 ライトフライ
2打席 空振り三振
3打席 ピッチャーゴロ

今日のバッテリーは和田-山崎で、失点はなく、1対0でホークスリード。
7回裏、追加点の欲しいホークスは1死2塁の得点圏の場面で山崎に代打を出してしまう。
結局得点を得ることが出来なかったが、この交代が飯田にHRを打たれる伏線となった。

8回表、山崎に代わり的場がミットを構える。
楽天1打席目の塩川をセンターフライに打ち取り、1アウト。

・ この時点で和田の投球数は105球。                        
・ 前回、最近強打の日ハムを9回、130球で完封。              
・ 得意のホームであるヤフードームでの試合。                 
・ 和田自身初の15勝がかかった試合。                     
・ 同じ時刻に始まった西武は負けていたため、このまま行けば首位と0.5差。
・ しかも、第一子が誕生したばかりのおまけ付き。                

誰もが、このまま9回完封の流れを意識していたと思う。
おそらく、本人も意識していただろう。

1球目 外角真中 -> ファール
2球目 内角高め -> ボール
3球目 外角低め -> ボール
4球目 内角低め -> ボール

カウントは1-3。
飯田は1番打者。

この打順では四球で歩かせたくない。

飯田はここまで全く打てていない。

ストライクが欲しい。

安易であっても・・・

そんな気持ちで投げたのではないだろうか。

5球目 内角真中 ホームラン

悔やまれる・・・

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。